カテゴリー別

鷲見恵理子(スミさん)のバイオリン 演奏の様子 【激レアさんをつれてきた】1月8日に出演した鳥貴族でバイトの人

世界的なバイオリニストとしてヨーロッパの貴族を前に演奏していたという鷲見恵理子(スミさん)ですが、居酒屋の鳥貴族を「貴族が集まるサロン」と勘違いして面接を受けてしまい、とりあえずしばらくの間バイトしていたという・・・w

すごいエピソードですがバイオリンの演奏のほうはどうなのでしょうか?
動画を見つけたので掲載しておきます。

またそんな鷲見恵理子(スミさん)がなぜ「鳥貴族」へ連絡することになったのか?

スミさんのセレブぶりなどとともにいきさつを紹介していきます。

スポンサーリンク


鷲見恵理子(スミさん)のバイオリン演奏の様子

さすが世界的バイオリニスト。素晴らしい演奏です。

※鷲見恵理子→以降「スミさん」と表記

スミさんは名家の生まれ


鷲見恵理子さんは日本バイオリン界の名門である鷲見(すみ)家のお嬢様なんですね。

14歳でニューヨークのジュリアード音楽院に留学、世界的なバイオリンコンクールで優勝。カーネギーホールでデビュー・リサイタルまで開いたという素晴らしい経歴をお持ちです。

24歳でイタリアに渡り貴族達とともに優雅なバイオリン生活をなさっていたとのこと。

バイオリン以外のことはほとんど知らない箱入り娘というわけですね。

スポンサーリンク


スミさんの仰天セレブポイント

・周囲の人がみんなバイオリンを持ち歩いていたのでそれが当たり前だと勘違いしていた

・皇族が自宅に来ることも

・一族が皇太子にバイオリンを教えていたことも

・ストラディバリウス(1億近いお値段のバイオリン)を普段使いしている

・弓はナポレオンが所有していたもの

とんでもない高貴ぶりにMCの若林さんも玉木宏さんも唖然としてましたよw

スミさんはなぜ鳥貴族の面接を受けたのか?

家族が体調不良になったことでスミさんは一時帰国します。

これがきっかけとなり、

「家族に何かあったとしても自分ひとりでも生きていけるようにならなくちゃ」

ということで、アルバイトに挑戦しようということになったそうです。

で、インターネットでたまたま見つけたのが「鳥貴族」のアルバイト募集の広告。


(こんな感じのだったかどうかはわかりませんが・・・)

これが悲劇(喜劇?)の始まりだったようです。

帰国前まで本物の貴族たちとふれあっていたスミさんは・・・

「ここは貴族が集まるお店に違いない」「わたしでもおちついてアルバイトができるかもしれない」

そんなふうに思い面接に行ってしまったということなんですね(^_^;)

いやいや・・・いくら世間知らずの箱入り娘でも・・・これは・・・w

で、スミさんはそのまま採用されてしまい、「なんかおかしいな」などと疑問を感じながらもとりあえずそのまま働き始めてしまったという・・・w

ある意味で奇跡ですよね(^_^;)

世界的なバイオリニストがアルバイトとして居酒屋で鳥肉を扱ってるんですからねw

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする